商売人の器

商売人の器とは、幅と深さ(広さ)です。

1つの事を追求して行けば深さになり、そこには情熱が込められ、向上心が湧くでしょう。

そして、他との違いや差異を知り、反目するのではなく認めていく事が出来れば…心の柔軟性が備わるので幅が増します。

追求していく深さが無ければ、商売人としては浅くなり、他を認めていく柔軟性が無ければ頑固・意固地になります。

情熱と柔軟性のバランスを意識する事で、商売人の器は広がって行くのです。