稼ぐと儲かるの違い

稼ぐと儲けるの違い、 それは…『生活のためなのか?』『お客様の幸せのためなのか?』という 仕事に対する心向きの違いです。 お客さまに信じられれる者になれば儲かります。 家の生活のため…の場合は、小さいサイクルしか産まれません。

だから『稼ぐ』よりも、 『儲ける』の方が大きなお金が動きます。 信じてくれる人の数が多ければ、その分額面になって現れます。 喜びに満ちたお金に集まってもらいたい!と思うのであれば、 『儲ける』という意識を持つことです。

対面するお客さまの幸せを案じ、 お店に見えられる皆さんに満足頂き、 地域の人たちに喜ばれ、都道府県や国に貢献する… という意識が大きくなればなるほど、 プラスのお金がやって来るからです。

93aac6da

自分の意識が内向きになっている時に来るお金と、 外向きの時に来るお金では額面は同じでも 『喜びポイント』の乗り具合…資質が異なります。 どうせなら、喜びポイントが加算されるお金に、 集まってもらえるよう商売したいものですよね。


 

1day反響塾(セミナー)の詳細はコチラ

執筆実績はコチラ

集客&販促サポートはコチラ

お問い合わせはコチラ