縦書きと横書き

チラシなどを制作してると『縦書き』『横書き』で迷われると思います。一般的に縦書きは
・日本語が美しく見える
・説明(何かを理解して欲しい)
・記事(深く読み込んで欲しい)
・漫画形式 などに適しております。

横書きは本来『欧文』『数式』『音符』などに用いられてますが、最近ではパソコン文化も根付き、このHPみたいな『横書き文章』も決して珍しくなくなりました。横書きは『勢いづいて読んでもらう』『図形・数式・絵 などを用いてビジュアル的に訴求する』事に適してますが、縦書きも横書きも1枚の紙面だと・・・

1 ずっと続くと読むのが辛い
2 だから1行が長く続かないように調整
3 もしくはレイアウトに工夫  なんて事が必要だったりします。
A4サイズの紙で端から端まで『文字』で埋め尽くされてると、結構読み手にはキツかったりするのです。

紙を縦に使うか?横に使うか?は自由なのですが、肝心なコンテンツである『文章(文字)』は『縦か?横か?』をキチンと考えなくてはなりません。ですので『コンテンツ』『何を伝えたいのか?』に応じて横書きか縦書きかを決めても良いのかもしれません。私が制作した最近の例の場合だと、対談 (縦書き)説明書き(縦書き)記事(縦書き)写真&説明(横書き)一口コメント(横書き)と、こんな具合でしょうか。

キャッチコピーは『縦』『横』合わせながらと言いたいトコですが例えば・・・・

1 横書き(キャッチ)→ 2 縦書き(ごあいさつ) と来た場合、左から右に流れた視線が、そのまま右上から縦書きを追いますので、とーーっても『自然な組み立て』が可能なんですね。こういった『視点の流れ』を誘導したり、予め予測したレイアウトを考えるのも『チラシの設計』には欠かせないでしょう。

 字間・行間

横書きにしても、縦書きにしても気をつけなければならないのが、この『行間』『字間』です。双方とも空きすぎ・詰まりすぎだと、大変読みづらくなるものです。特に高齢者向けのチラシだからと、せっかく文字を大きめににしても・・・行間・字間が詰まりすぎたばかりに『ごちゃごちゃして読みづらくなった!!』という事が多々あります。不思議なもんで適度な『間(ま)』は、ちょいと小さめの文字で、それなりの字数を詰めても読みやすそうに見えるんですよ。という事は・・・行間や字間をしっかり調整すれば『読む気になる』『読む気にさせやすい』って事に繋がりますよね。

チラシやNL(ニュースレター)、DMなどをイラストレーター(ソフト)で制作してる方は大勢居ると想いますが、CSを例に『間の取り方』を説明いたします。

1 文字を打つ
2 『文字設定』→『行送りを設定』
3 大きければ『行間』が空く。小さければ詰まる
4 『文字設定』→『選択した文字のトラッキングを設定』
5 同じく大きければ『字間』が空く、小さければ詰まる

チラシの要・不要に必要とされる時間は僅か『0.3~0.7秒』と云われております。横書き・縦書き・レイアウト、行間・字間や字体、大きさ(ポイント数)・・・チラシを構成する要素は結構複雑なので「ああでもない、こうでもない」と創りながら『読みやすい一枚』を創ってみてくださいね!