商売とお金

商売人にとって『お金』は血液です。絶対的に大切な存在であり、解りやすいバロメーターでしょう。だからこそ『お金=結果』と して商売人は、そのお金を得るために・売上・利益・集客 を考えます。しかし、得たお金を『我々の』とか『私の』とか勘違いすると、使い方がおかしくなり ます。そもそも…ですが、人をモノ化、お金を数値化しながら、ひたすら『効率』だけを追求していくと、人やお金に対しての向き合い方がねじ曲がるように出 来ているのです。(私がそうでした。猛省!)

当たり前の事ですが、私たちは誰かの役に立ち、そしてその対価としてお客様からお金を頂戴します。役に立てなければ(仕事が無ければ)対価を得ることも出来ず、支持されなければお金が入ってこないのは当然の摂理であり、だからこそ得る事同様、『使い方(回し方)』も大切になってきます。商売人にとってみれば、お金は『お客様たちからの支持の証』だからです。

そこで…ココでは商売人が知っておいた方が良い お金の話をいたしております。あ。資産運用とかそういうお話ではございませんので、念のため。

↓下からどうぞ↓

円は縁
お金はなぜ「払う」なのか?
プラスのお金が集まるように
喜びポイントついてますか?
稼ぐと儲かるの違い
何故儲けたいの?