商売繁盛している人ってココが違う!

一回どん底を味わった時が、ステージチェンジのチャンスである。なんて成功法則系でも云われておりますが、世を見渡すと0から始めて順調に業績を伸ばし、商売が大繁盛している方もおります。どん底から…の方は、何かを学び成就したから大繁盛しているのですが、彼らは何が出来ている・どんな事に長けているのでしょうか?

周囲に居る『繁盛店社長・オーナー』を見ているとこの5つなのかなぁ?と感じるのです。

1)プライド
ココで大切なのは尊厳ではなく、ちっぽけな『過去の成功体験へのしがみつき』という意味です。
プライドを捨てている方は、未来しか見ていないので覚悟も決定も行動も速いのです。

2)素直
成功している人は、まず相手を100%受け入れてから自らのフィルターにかけるんですな。

3)経験への欲求・好奇心・決断力
プライドも無いし、人に聞いたことへの好奇心も高いので、「見たい!・聞きたい!・体感したい!」という欲求が尋常ではございません。

4)想像力・創造力
読解力や組み立てる力も相まってる方が多いですね。1を知って10を知ろうとする、知る術を知っている、もしくは調べる力に長けております。

5)感謝と懺悔
抜きに出ている人たちですから、大なり小なり『人の頭を踏みつける経験』をしていたりも。(苦笑)しかし、彼らは必ず懺悔し、そして現在の環境に多大なる感謝の気持ちを持っているのです。

プライドが高ければ過去の体験談の中で生きるので、素直に話も聞きません。いくら本を読もうがセミナーに行こうが、探究心・好奇心・行動力に欠けていれば、何も身になりませんし、判断を先延ばしにしてはチャンスも逃げてしまいます。想像力が無ければ、『どうなって行くのか?』の予想も出来ないので、目の前の仕事しかできません。(時間の使い方が下手な人はこの傾向が高いです)懺悔も感謝も無ければ、心がカラカラ。商売における『お客様のありがたみ』など到底感じる事ができません。…うーん。こんな人が成功できるワケないですよねぇ。(苦笑)

またちょっと話は逸れますが、窮地に立たされているのに…全く動かない方もおりまして。コレは溺れているのに、水をかかない・泳ごうとしない行為に等しく、『生命維持に対する執着はないのか?』とも(汗)

商売を伸ばしたい、継続したいという希望を持っているならば、それに則した自分になるというコトも必要なんです。人は誰でも他者を変えようとしちゃなりません。商売人…ましてや『売れる商売人』を望むのであれば、自分が変わろうとする・変わらなければならん部分が必ずあるものです。売れている方は常に成長しています。年々魅力も増しています。お金を支払ってくれるお客さまだって、その姿を見て喜び、期待してくれるからこそ、今年も来年も『売上』というご褒美・評価を運んでくれるのですから。

末筆で…。実は繁盛している方って、お金の取り扱いもとても丁 寧です。支払の際もお札を揃え、相手に向けて…とか、真っ新な封筒に入れて…とか、スゴイ方は総てピン札で。とか、まぁ徹底しております。小銭をポケット に、とか、お札をクシャクシャになんて事は一切ありません。という具合に『お金に対する感謝・敬意』も持っているものですよ。