売上を上げるために

商売人なら誰でも売上を上げたいと熱望してるはずです。売上の確保は月々のランニングコストを出してくれ、また社長や社員の生活を維持してくれる『基盤』でもあるからです。では、いざ『売上を上げるぞ!』というモチベーションになった時、その手法は千差万別でもあります。

広告に力を入れ、クーポン雑誌に掲載しまくってみたり、HPに力を入れてみたり、あまり考えてないままチラシやDMを乱発…。ましてや『新規客さん(見込み客さん)の獲得』と、『既存客さんとの関係強化&販売』を混同している会社・お店も少なくありません。(汗)

そもそも『売上を上げる』という事は広告や集客活動に限らず、多岐にわたって「考えなければならんこと」が存在するトピックでもあります。ましてや顧客から見て『買いたくなるもの』を持ってるか?提案できているか?でも大きく変わってきます。(むしろココが大切ですよね)売上を上げたいと熱望した時、すぐ『広告などを使用した集客』に直結しがちだからこそ、改めて自身の商材に目を向けて、考えてほしいのです。

 売上を上げるために!は、下記からお読みください

売上を上げるために【その1:今一度、自分の商品(サービス)を見つめ直す】
売上を上げるために【その2:そもそも買えるモノは…】
売上を上げるために【その3:販路拡大】
売上を上げるために【その4:定期的に…】
売上を上げるために【その5:売価を上げる!】
売上を上げるために【その6:季節性で推してるか?】
売上を上げるために【その7:給料商品とボーナス商品】