その1:今一度、自分の商品(サービス)を見つめ直す

今、あなたの手元にある商品(サービス)は、どんな人に、どんな事を提供できるのでしょうか?そして、その商品を手にした人は、どんなHAPPYや解決を手にするのでしょう?これらが備わり、伝える事ができれば『商品(サービス)の価値』を感じてくれる方が増えます。

しかし、コレは…商品(サービス)の軸や理念、利点や味・色などを『見つけ出してあ げる作業』でもあります。そして、その商品(サービス)を生業にするあなたの『生きる意味』のような壮大なテーマに直結することだってあります。あなた は、何故その商品(サービス)を扱っているのか?その商品(サービス)を求めるお客さんに対して、商品(サービス)を介しながら、どう寄与できるのか?こ んな所まで掘り下げる事が出来れば、お客さまに伝わる『熱』も変わるってもんです。

商品の魅力を語るには
1)いつ?(季節) 
2)どんな人に勧めるのか? 
3)何故勧めるのか?(提案・解決) 
4)購入した方の未来・将来像 
5)優位性(コスト・対外的) 
6)安心感・安全性 
7)歴史やストーリー、情景など 
8)勧める人の顔・人間性(理念・精神性など)など
をマトめてみると、複合的な情報が伝わりますよ。