その3:販路拡大

販路拡大。と聞くと店舗や取り扱い店を増やす、もしくはネットショップなど、インターネットを活用して。という感じですよね。ネットを活用すれば、販路拡大の規模を『世界レベル』にする事だって可能ですし。(僕は個人的に…まずはebay辺りから慣れる事をお勧めします)

このように「売る相手を変えて増やす」という視点で見ると、それは、まだまだ国内だって有効かもしれません。(大手が中国市場に乗り出しているのも、この辺の理由が大きいですよね)

また、あなたのお仕事が現在、企業間取引のみで来た方でしたら、「どうすれば一般の 人たちに売れるか?」を考え、一般の人たち相手に販売してた方なら「どうすれば企業に売れるか?」を考える事で『販売する相手に適合した商品やサービス、 コース』の開発が行えます。(購入したくなる商品・サービスが増える)

店舗で待ってるだけではなく、『こんな人たちに売りたいな』と考えると、商品・サー ビスの新たな切り口が見えます。個人でも年代や性別を変えてみたり、地域や世界の国を相手に予想してみたり、企業だけでなく学校、病院、介護施設、公共機 関…など、具体的に『売る相手』を想像してみれば、自分の商品の『売り先』は拡大する可能性を秘めているのです。