「集める」から「集まる」店へ 集客は「地域のお客さま」からはじめよう!

「集める」から「集まる」へ  集客は「地域のお客さま」から始めよう! 2013年3月5日発刊(同文舘出版) 

01-006 せっかく素晴らしいチラシをつくり、汗を流 してポスティングするからには、出会った新規客さんがリピーターさんに、そしてファン客としてお店に残って行って欲しいものですよね。 地域密着の商売に 於いて、隣人の存在は自社・自店の経営に大きな影響を及ぼす存在です。今日初めて見えられたお客様たちに、何をして行けば良いのか? どうすればリピー ターに、ファン客になって頂けるのか?反響が出るチラシ・ポスティングや、ニュースレターの作り方、お客様に会う回数を増やして仲良くなる方法に、「売 る」というお話まで、地域集客の幕の内弁当の如く、大盛り・てんこ盛りでお伝えしております!

序章:成功する地域密着型集客への道 ・「人・モノ・金・伝」の時代へ

・顔と名前が売れるから商品も売れる ・「隣にいるプロ」になろう ・神様とコミュニケーションしてますか? ・あなたは何屋さんですか? ・日本には日本に合った商売のやり方がある ・人と人の間に「仕事」あり

1章:まずは地域を観て、地域に価値を知らせよう

・とにかく地域に出てみよう ・地域には「相場感」がある ・価値を伝えれば売れる!売価も上がる!

2章:1000の冷やかし客より10の本気客を集客しよう

・集客には順番がある ・本当にお付き合いしたいお客さまと出会うために ・お客様は商売人の質に比例する ・お客様の種類を考えよう ・ファン客の増やし方 ・ファン客の5つの特徴

3章:ポスティングで地域を知る

・ポスティングの6つのメリット ・正しいポスティングのやり方 ・アナログ満載で反響を叩き出す男

4章:チラシは本当にモノ売りのツールなのか

・なぜ迷惑チラシと呼ばれるのか ・チラシは商売人の本音が見える ・チラシをもっと伝わるツールにする! ・あなたの業種はどちらのチラシ? ・「お役立ちチラシをつくる」という意識 ・キャッチコピーはメッセージ ・チラシで「感動」というエンターテイメントを表わす ・価値は分割して伝える ・地域では「私のチラシ」が必要

5章:顧客データを活用してダイレクトにメッセージを

・目的が見えているDMは強い ・データベースのすすめ ・お客様が来た経路を知ろう ・DMの構成を考える ・DMの発送費は高い? ・失敗DMとの決別 ・タイミングが肝心 ・DMだからこその距離感 ・「リピートしてもらう」という意識

6章:接触回数

を増やしてファン客をつくろう

・会えば会うほど繁盛店 ・直接接触と間接接触で関係を育もう ・「直接会うこと」を自発的に起こすイベント ・イベントの種類 ・イベント集客の実例「手づくりmamaの会」 ・イベントはアレンジして広めよう ・サンキューレターでお客様との距離を縮める ・サンキューレター3つのポイント ・ニュースレターで関係を育む ・ニュースレターをスタートする際の5つの鉄則 ・ニュースレターのつくりかた 終章:地域の人たちに買って頂く ・商売の主役は誰? ・商売繁盛は知恵が勝負! ・「売る」を徹底して考えてみよう ・「給料商品」と「ボーナス商品」 ・地域の人たちに定期購入してもらおう ・定期購入を考える5項目 ・商品は語れない ・地域の商売人さん、伝えてください!儲けてください!  


 

お問い合わせはコチラ