P11/陽転の技術

※最下段では、望月まもるが音声にてこの話をしております。音量に気を付けて再生を押して下さい。なお音源はpodcastでも配信しておりますのでiTunesやpodcastにて「望月まもる」と入れて検索して下さいませ。このお話は約11分で聞けます。

 

例えば、今、仕事上のクレームがやって来たとしましょう。

 

嫌ですよね。面倒ですよね。不安ですよね。やらなきゃ…と思いますよね。

 

しかし、これらの心持ち・体制でそのままクレーム対応に臨んだ場合、かえってお相手の気を損ねてしまったり、一層こじらせたりし兼ねません。

 

なので、一旦落ち着き、気分や心向きを「プラス方面」に切り替える事を「陽転(ようてん)」と言います。

 

陽転は習慣化すれば、一瞬でプラス方面に転じられる「切替の技術」とも言えましょう。

 

心や頭がマイナスに働いていた場合、クレーム→怒られる→怖い→逃げたい→でもやらなきゃ→どんな事を言われるんだろう→ドキドキハラハラ…という具合です。

 

結局対応するのですから、出来れば初動から建設的に向かいたい所ですが、一旦マイナス方面に進んでしまうので、その後の流れを引き戻すのに、時間が掛かります。

 

時間が掛かれば掛かるほど、顧客のイライラは募りますし、何より自分はストレスに晒され、良質な対応が出来ないモードになっていきます。

 

しかし、陽転出来るようになれば、マイナス方面に走る自分をすぐさま止め、早い段階で建設的に向かわせられます。

 

また、鬱屈した気分や思考を立て直す時間とエネルギーを最大限に緩和する為に、陽転の技術は役立つのです。

 

陽転は一瞬、マイナス方面に捉えた物事をプラス方面に引き戻すことですので、手っ取り早いアドバイスとして、私が社員研修などでお話しているのは 

 

・コレ(クレームや問題、課題)は、君への宿題だよ

・宿題は何かを学ぶ為に、あなたを選んでやって来るんだよ

・しかも、今の自分に超えられる事しか来ないようになっているんだよ

 

と教えています。

 

その極端な話として、

 

あなたには現在、10億円の借金はありませんよね?しかし、世の中には10億円、或いはそれ以上の借金がある人も居るんです。なぜその人たちは、それほどの借金があると思いますか?その借金を通して、気づき、考え、超えて行かなければならない何かがあるからなんです。

 

しかも、その課題(10億円以上の借金)は、その人に超えられる範囲内の事なのです。超えられない事は起こらないのです。一見シビアでハードに見えるだけで、超えた時には別の景色が見える様に出来ています。

 

なので、コツは「あきらめない」だけです。真摯に向き合い、自分の心を裏切らず、建設的に考え、行動し、あきらめなければ、必ず超えられるようになっているのです。

 

と、あちこちの社員研修や講義で、このお話をしていたら、とある社長さんから「先日、ちょっとしたトラブルがあったんですが、チームの皆が口々に、超えられない事は来ないんだから、何とかクリアーしよう。と言ってたんですよ」と教えて頂けました。嬉しいものです。

 

この様に「陽転」を少なからずマスターすれば、トラブルにもクレームにも苦難にも受身にならず、建設的に臨めるようになるのです。

 

ちなみに、この陽転の技術… マスタークラスになると、「え?苦難来たー!神様ありがとう!またステージ上がるわー。新しい景色が待ってるぞー!私は神様に愛されてるなぁ♡」と、一瞬で盛り上がります。笑

 

こうなると、苦難もトラブルも単なる成長の栄養源でしかないのです。笑

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

あなたの商売が大繁盛しますよう祈念しております。

P12/本当のポジティブ、偽のポジティブというお話ですので、お楽しみに!

 

1day反響塾(セミナー)の詳細はコチラ