商売は『気』が肝心

あ なたの自宅周辺にも…ありません?何となく『入りたくなる(入りたくない)お店』が。

店先がキレイなのにも関わらず、入らない店もある。店先は古びてる が、入ってしまう店も…ある。用がある・無いはさておき、コレは一体何故でしょう??と考えると…雰囲気(醸し出してる何か)というトコに行き着きます。人は雰囲気(気)をキャッチして何となく…判断するんですな。

では、この『雰囲気』は何故出てしまうのか?というとほとんどが『構成してる人の気』で決まります。スタッフ間の仲が良い、夫婦がうまく行ってる、来てるお客さんが明るい…お店には様々な『人の気』が蔓延しており、それが外に漏れ出す→雰囲気になって伝わる。 という事です。


繁盛してるお店のことを『人気店』なんて言いますがコレは『(良質な)人の気が集まる、(良い)人の気に満ちたお店』という事です。では…人気店は、いったいどんな気が満ちあふれてるのでしょうか??

活気 陽気 本気 根気 気力 気合 気概 覇気 気心 元気 勇気 意気 士気 気を回す 気配り やる気 心意気 気づかい 気がきく 気にかける 気を入れる 気にとめる 気を変える…

うーーん。これらの気に溢れてる店って…素晴らしいっすよね!!

yaruki


 最近は『マニュアル元気(~しなければならない)』な店が多いけどお客さまと接する姿勢として、こんな気に満ちたお店なら、気持ち良く買い物できそうです。

1)行っただけで元気になるお店。という人気店が全国各地に存在します。(もはや…パワースポット。笑)自分に必要なお店、行きたい理由があるお店、行くと元気になれるお店だからこそ。という事でしょう。

2)商売の気は『土地の気(その土地が本来持ってる気)』に由来する部分も大きいです。商売をさせて頂いている『土地』に対する敬意だって大切なんですよね。だから昔の人は神棚をお祀りしたり、売れているお店の商店主は氏神様へのお詣りだって欠かしません。

3)構成する気。の最も重要人物はその店の社長、オーナー、店長…などです。お店に長く居る人が主体となって『気(の色)』が決まって来ます。

4)信じるも信じないも…あなた次第です(笑)


 

1day反響塾(セミナー)の詳細はコチラ

執筆実績はコチラ

集客&販促サポートはコチラ

お問い合わせはコチラ